軍閥の権限


西暦2019年の南中華連邦憲法の制定により軍閥の権限は大きく制限された

政治

諸軍閥の省内への政治介入は禁止され、全土南京政府の定めた憲法又は法律によって統治されている。
役所及び戸籍、住民票の管理運営も政府によって行われる。現段階で諸軍閥には内政及び外交に介入できる力はない。
しかし警察などの治安維持は管轄下の軍閥によって運営される。

軍備

諸軍閥が私兵を有することは禁じられている。諸軍閥は南京政府の決定した量の人材と指定された装備品を用意する責務を負っている。


経済


南中華連邦に存在する全営利組織及び農耕従事者は南京政府の決定した直接税のみを負う義務を有しており諸軍閥の収税への介入行為は禁止されている。
無論これらが正規の税以上を国民から徴収することは以ての外である。

軍閥一覧



南京政府の承認した軍閥
直隷軍閥(薄緑
雲南軍閥(水色
広東軍閥(薄紫
新広西軍閥(青
四川軍閥(濃いめの水色

注)黄緑は南京政府直轄領

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

世界情勢

政治・外交

国際機関

消滅した国際機関の一覧

交通機関

交通機関・場所の一覧

軍事

戦争

宗教

宗教

企業・人物・世界遺産

企業の一覧

【メニュー編集】

どなたでも編集できます